うーの香港での迷走を綴った手記。
1997年から記憶をたどって穴埋めで書いております。一応日付だけは当時に合わせておりますが更新の順番は適当です。
番外編で香港以外の旅行地などもちょろっと。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
<< 送迎車で九份へ。 | main | 九份から戻ると夜の8時過ぎでした。 >>
芋仔蕃薯
category: 台湾・食 | author: うー
0

    さて海悦楼が取れなかったので、じゃあどこにしようかと探したら穴場だと言う茶館を発見しました。

    芋仔蕃薯です。

    入り口がわかりにくもののテラス席はあるし、絶景が拝めるとのことで予約。


    洞窟のような入り口を入り、お店の人に予約の紙を見せます。

    この洞窟を超えないと見えてこないので下調べしてなかったら絶対たどり着けない(笑)

    落書きがすごい。途中頭を低くしないと通れない箇所もあり。炭鉱のような雰囲気。

     

    お店の入り口は普通。

    席は好きなところへと言う感じでしたが(テラス席確約のはずなんだが…)上へ上がって一つ空いていたテラス席へ。

    お店の前でまごまごしていた日本人のお客さんがいたのだけど、サクサク上がってこなかったらテラス席取れんかったんじゃないの?;

     

    席を確保してしばらくすると店員さんがお茶のセットを持ってやって来て実演してくれる。

    そしたらあとは自由に飲み放題。お湯も直ぐそばで沸かしてくれているシステム。

    お茶と茶菓子と席代で1100円くらいでした。これもKKDAYで予約でしたが、その方が安いらしい。

    ありがとうKKDAY。めっちゃ重宝してます。

     

     

    窓の外は絶景!左下の人たちは阿妹茶楼のお客さん。入り組んだ作りでどうなってるのかさっぱり。

     

    ともあれ向こうの山と海を堪能しながらいただくお茶は最高です。

    何時間でもいられそうな席。強いて言うならクッションがない椅子がちょっと痛い。

    九份は結局日が暮れるまでお茶屋さんを堪能しました。前日の疲れもあったので良い足安めになった。

     

     

    日が暮れてからもいい雰囲気。

     

    comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH