うーの香港での迷走を綴った手記。
1997年から記憶をたどって穴埋めで書いております。一応日付だけは当時に合わせておりますが更新の順番は適当です。
番外編で香港以外の旅行地などもちょろっと。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
十年/tenyears
category: 映画 | author: うー
0

    香港映画の十年を視て来ました。

    2時間程の五本立てオムニバス。どれも十年後の香港を描いたもので明るいものではなく、重い感じ。気軽にと言うよりは本当に香港が好きで雨傘運動とか理解している人向け。

     

     

    私も他の超級香港迷には劣るもののそこそこに香港が好きな身なのでこの映画は見てて辛く苦しく不安になりましたよ、ホント。

    この映画が香港で公開されたことに意味があると思う。そしてできる限りの多くの人がこの映画を見て欲しいなと思った。最近は香港が植民地だったことすら知らない方も増えて来ているから尚更そう感じるのかもしれない。香港?中国の都市のひとつでしょ?みたいな、ね。

    まぁ香港の歴史やらなんやらしらない人には意味不明な映画なのかもしれないけれど、そこから香港ってどういうこところなのか知ってほしい。

    世界中でもっと公開されて、日本での公開ももっとたくさんやってほしかったな。

     

    以下感想ネタバレ。

     

    続きを読む >>
    comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
    死亡の塔
    category: 映画 | author: うー
    0
      折角なので香港に行ってない時期は映画のレビューでもしようかと思います。個人的感想が多いので参考にはならないかも^^;

      今回は「死亡の塔」。あの死亡遊戯の続編として作られたらしいんですけど、なんだか内容がチグハグと言うか前作から繋がってるのってキャラの名前くらいです。

      そしてブルース・リーは途中で死んじゃって、弟が主人公になります。あれだけブルース・リーを引っ張っておきながら(笑) 土台、亡くなった方を主人公にするのは無理なんですよね。

      この映画、シリアス物としてみるのはちょっと難しいけど、B級映画として見ればとても面白いです!

      特に見所はここ。

      日本の葬式を勘違いしている。

      増上寺だと思うんですけど何だかヤクザの葬式みたいだし、土葬だし(!)棺は洋画でよくあるあのドラキュラ伯爵の入るタイプだし!!そこに卍のマーク!!!

      腹 筋 崩 壊 で す (笑)

      他にも日本の銀座がおかしい事になってたりします(というかあれ新宿?)

      最後も何故か戦隊物の様な基地に侵入したり。

      マジメに見ろと言うのが無理です。

      ネタとしてはとても面白い。ネタと割り切るなら是非見て欲しい一作ですね。




      comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      LINKS
      PROFILE
      OTHERS
      SEARCH